壁話§マラソン~ベルリン世界陸上~

勝敗がどうなるのかとは別に、ベルリンで開催中の世界陸上のマラソ
ン中継を楽しんでいる。毎年開催されている“ベルリンマラソン”と
はコース設定がまったく違うのだ。

↓スタート&ゴール地点(写真はイメージです)
画像

世界陸上のコースは、ブランデンブルク門~ポツダム広場~バウハウ
ス博物館~ジーゲスソイレ~連邦議会議事堂~博物館島~ウンター・
デン・リンデン~ブランデンブルク門……を4周してほぼ40km、それ
にアレクサンダー広場西側のテレビ塔を加えての最周回は、数年前の
ベルリン訪問でおなじみのエリアだった。おかげでベルリン中心部の
さらなる変貌ぶりを映像で確認できたのはありがたかった。

↓アレキサンダー広場近くのコース。市電の線路上を走った
画像

実況が色々とコース上にあるあれやこれやの説明をしていたが、ブラ
ンデンブルク門スタート直後の道路上にある“ベルリンの壁跡”につ
いても説明してほしかった。ポツダム広場手前のホロコースト記念碑
も言及していたのだから。

《ドイツのトピックス一覧

この記事へのコメント

2009年08月23日 21:11
こんにちは。TBありがとうございました。
ホント何で世界陸上のコースは周回なんですかねー?
運営上周回の方が管理が楽だからでしょうか?
来月ベルリンマラソン走るんですが
一部世界陸上のコースとかぶってるので
楽しみです。
私の方からもTBさせていただきました。
受け付けていただけるとうれしいです。
HIDAMARI
2009年08月23日 21:41
コメント&トラックバックありがとうございます。9月のベルリンはまだまだ寒暖の差が激しかったりします。現地の天気予報のページもたくさんありますので、マメにチェックしたうえで、いいコンディションを維持されて完走を目指してください。
Curragh
2009年09月06日 17:20
自分もベルリン世界陸上を興味深く見ておりました。まだ東西に分断されていたころに買ったベルリン紹介本をもつているのですが、目抜き通りは活気を取りもどし、国会議事堂も復活して、隔世の感ありですね。ティーア・ガルテンでしたか、緑地帯はどうなってるのだろうと思ってましたが、あいかわらず昔のままの残してあるみたいですね。再開発がかなり進んだ地区も多いようですが…壁周辺の土地なんかがそうですね。旧東ベルリン地区はTVタワーも健在で、博物館地区も昔のままのように見えました。

昔、東西分断時代の東ベルリンに滞在していたという特派員の方が書いた文章を見たことがありますが、世話になった老夫婦の家でミルクをかけたいちごかなにかを出されて、そのあまりにしなびた果実のまずさに閉口した特派員があまり手をつけずにいたら、とても悲しい顔をされた、と書いてありました。老夫婦は凍える路上でこのしなびたいちごを買い求めるのになんと30分以上も並んでいたという事実を知り、己の軽率さを深く後悔したとありました。そのときとくらべたらいまのベルリンは…治安状態はどうなのかわかりませんが、すくなくともいまのほうがはるかにましになっているのではないかと思います(行ったことはないので、あくまで推測ですが)。
HIDAMARI
2009年09月07日 16:05
表面から見たベルリンの今は、初めて訪れた11年前の比ではないように思えます。そうなることで失われたものも多々あることでしょうし、もちろん“前進”したものもあるはずだと思いたいものです。

この記事へのトラックバック