沸話§ドラム式洗濯機の熱湯モードだが

欧米では洗濯機の機能として水温調節というのが昔からあった。日本
でもドラム式の普及でようやく水温を使いわけて洗濯できるようにな
った。

ミーレだかの洗濯機には95度というほとんど沸騰状態という熱湯での
選択モードがあるのだが、我が家の洗濯機は最高60度どまりである。
これまでその機能を使わないでいた同居人だったが、白物木綿に効果
的かどうか確かめたくなったようで、60度での洗濯を試してみた。

同居人曰く「60度くらいでは劇的に白くなってはくれないみたい」

まあ確かに見た目での変化はなさそうな気がしないでもない。95度と
かいう徹底的した煮沸洗濯でなければ、そんな程度なのだろうか。

そういえばずいぶん前にドイツを旅行していた時、街中の洗濯屋でシ
ャツ類を洗ってもらったことがあった。2時間して受け取りに行き、
ホテルに戻って改めてみたら、日本の木綿類は何ともなかったのに、
現地で買ったニットシャツは見事に縮んでいて、煮沸洗濯の威力をま
ざまざと思い知ったのだった。

《ドイツのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック