ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 讀話§読売新聞“発言小町”は

<<   作成日時 : 2009/09/01 07:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

たまに“発言小町”を読むことがある。何というか基本的な構造とし
ては、常識とは違う位置にいるらしき人の相談事に対して“常識人”
と思しき人達が総攻撃をするというところか。

ただし、時として掲示板における“釣り”じゃねーのかといった類の
ものもあったりして、いささか玉石混交といえなくもない。だから、
何というか読者が試されているように思われる節がある。

今も細々と続いている有名人が答える人生相談の類は、どれを読んで
もあまり解決にはなりそうもない“どっちつかず”な回答ばかりで、
それなら発言小町の一般人の回答のほうが割り切り方が潔いのだ。

血の繋がった親兄弟なんだから・・・

みたいな生温い回答などはない……

嫌なら嫌だとはっきり切っちまえ!

……という具合である。要するに昔だったら当然とされていた“子は
親の従属物”とか“嫁は嫁いだ家のもの”みたいな発想がはっきりと
希薄になっている昨今の“ご時勢”が見て取れるのである。

【去年の今ごろ】憬話§このたびの旅[55]M.シャーデ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
讀話§読売新聞“発言小町”は ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる