ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 走話§高速道路無料化への・・・

<<   作成日時 : 2009/09/08 06:45   >>

トラックバック 1 / コメント 0

小学生の頃だったか、修学旅行で高速道路というか有料道路に入ると
バスガイドが「現在は有料ですが、建設から30年経つと無料になるの
だそうです」と言っていたことを思い出す。

高速道路網が広がっていくにつれて、高速道路30年償還はどんどんと
先延ばしになっていくのだった。

自分で自動車を運転するようになって、利用料金の高さにいささかの
憤りを持っていた。それこそ“ドイツのアウトバーンは無料ではない
か!”というものである。

ところが、数年前から主にドイツ語圏でレンタカーを運転するように
なったら、オーストリアやスイスの高速道路が有料であるということ
に気がついた。いや以前から知っていたような気はするのだが、それ
を目の当たりにしたということなのだ。

二つの国のシステムは、どちらも車のフロントに“ヴィニェッテ”と
いう有効期限が記載されたシールを貼り付けるという単純なもので、
オーストリアでは10日間、2か月、1年と3種類あって、普通車10日
間料金は7.7ユーロ、1000円ほどである。スイスはえげつなくて、
1年有効の一種類40スイスフラン(≒3500円)しかない。

↓10日間ヴィニェッテ
画像

ただ、実際に利用して考えたのは、もちろん“ただ乗り”する輩は少
なからずいるだろうが、基本的には皆さんまじめに購入しているわけ
で、これはもう我が国のETCのような膨大な設備投資の必要なシス
テムからすると、シールの制作代で済むというお手軽さなのである。

だから日本でもオーストリアくらいの種類で、年間数千円の利用料金
であるならいいのではないかと考えたのだ。個人的には高速道路無料
というのは乱暴だと思っている。現在ある道路の維持費の財源をどう
確保するのか、こればかりは凸凹の道を走らせるわけにはいかないだ
ろう。

応分の負担をすることはやぶさかではない。それによって道路のメン
テナンスが行なわれればそれでいいのだ。それと様々な圧迫を受けて
いるフェリー運航業者といったところへのケアも必要である。週末に
読んだ新聞では、国交省が高速無料によるプラスが2.7兆円という
試算を隠していたという事実も発覚した。

《ドライブのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今日の論点!ブログ意見集: 高速の無料化で地方経済は? by Good↑or Bad↓
「高速の無料化で地方経済は?」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。 ...続きを見る
今日の論点!by 毎日jp & Blog...
2009/09/08 22:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
走話§高速道路無料化への・・・ ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる