備話§莫(ばく)~蕎麦屋の天麩羅~

莫である。・・・“ばく”と読む。

大衆的な蕎麦屋で、天麩羅そばとか天丼を注文すると“揚げ置き”天
麩羅が出てくることは珍しくない。揚げたての天麩羅が好ましいのは
もちろんなのだが、あのフニャフニャした天麩羅に天つゆがかかって
というのも悪くはなかったりする。そんな揚げ置きの天麩羅を……



と呼んでいるらしい。複数の国語辞典を調べてみたが、どうも明確な
起源を見つけることができなかった。

蕎麦屋なんてものはスピードが勝負だったりするわけで、注文の度に
いちいち天麩羅を揚げていては追いつくはずもない……というわけで
あるのだろうと思うが、もっぱら“莫”主体で天麩羅を乗り切ってい
るようである。

愛好している立ち食い蕎麦屋などは、蕎麦を出すカウンターの上のガ
ラスケースに、揚げられた各種天麩羅がずらりと並んで壮観である。
玉葱、春菊、ピーマン、ナス、烏賊ゲソ、ソーセージ、コロッケ……
ちなみに神保町の利根そばにおける天麩羅はクリスピーといえる衣の
固さで、それはもう刺激的ですらある。それで、ごくたまに奥にある
揚げ場から揚げ立てが運ばれる、そのタイミングでついでに蕎麦の上
に揚がったばかりの天麩羅がのせられたりするが、とてもラッキー。

ひるがえって我がブログだが、ストックしている文章が数本あって、
緊急のネタ以外は、2、3日前に書き上げたものをアップしている。
これもまあ“莫”と言ってもいいかもしれない。

【去年の今日】憬話§このたびの旅[2]ドレスデンの初日

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック