臭話§さよならエコナ!

今回の件に関しては商品名をはっきり明記してエントリーを書く……

花王エコナ

……である。我が家御用達のスーパーで売られている食用油の中では
エコナの瓶が一番小さかったという単純な理由だけで買っていたので
ある。歳が歳だから油を大量に消費するわけではない。

何年か前に発がん性が指摘されていたのはうっすらと知ってはいたが
とにもかくにも日常に使う油の量が極めて少なくて、最小の瓶でも半
年くらいは十分にもってしまうという、その程度のいい加減な理由で
使っていたのだった。

ところが、つい2か月ほど前のことである。同居人が“いつもの小さ
い瓶がなくて、増量されていて値段が同じだった……”と、いつもよ
り大きいエコナを使っていたのだ。2か月の間に使った量は四分の一
にすら満たない。

ここからは勘繰ることにするが、花王サイドはかなり前から発がん性
製品への懸念を持っていた。それで事が表面化して拡大する前に、ス
トックされている油を市場に出そうと考えたのではないかということ
である。容器の形状については把握していないが、あるいは既存の容
器の流用ができて、ラベルだけ新しくすれば量産は可能だったろう。
それまでの経緯からメーカーが意図した行為だったのかどうかまでは
推測するしかない。しかし、我々は信用をすることができないのだ。

こういう勘繰りをすること自体、あまり愉快なことではないが、仮に
2か月前の時点で事実が報道されていたら、花王が持っていた大量の
エコナオイルがどうなったのかと想像すると……。というわけで……

さよならエコナ!

【去年の今日】憬話§このたびの旅[3]初ビール

この記事へのコメント

2009年09月18日 14:19
エコナですか、どこか裏切られたみたいで情けない話しではないですか。本当にサヨナラですね(^^。
HIDAMARI
2009年09月18日 15:06
使うほうも迂闊でしたが、それにしても往生際が悪いなあ>花王

この記事へのトラックバック