司話§どの党を支持するか・・・

正直なところ実は自分でもわかっていないのだ。

それこそ自民党にも護憲論者はいるし、民主党の改憲論者たるや、け
っこうな数だったりする。それじゃあ社民党や共産党ならよろしいか
といえばそれもまた帯に短し襷に長し状態なのである。

結局、要するにどの政党であっても、自分自身が思い描くような政策
を100%実現させてくれるところは存在せず、だから投票所に行っ
て名前や政党を書くのは“超”妥協の産物であるわけなのだ。

そんなこと……自分自身だって矛盾だらけの人間で、生き方に首尾一
貫したものがあるとはとても思えないから、そこで思わず他者に対し
ても情をかけてしまうということとも思えないのだが。

4年前の郵政選挙で吹き荒れたポピュリズムの風が、今度はその清算
を求めての政権交代という風となって吹き荒れた。それも、4年前は
小泉自民党にこぞって投票したであろう人間達の多くが、今度は政権
交代への一票を投じたかもしれないという皮肉なのだ。

そしてこの次の選挙での風向きがどうなるのか、それはまだまだわか
らない……。

というところで話は変わるが、相変わらず腑に落ちないことに……

小選挙区で落選→比例区で復活

というのがある。今回の結果の中にも奇妙な掬われ方で“救われた”
候補者がいた。この先改善してもらいたい選挙制度の筆頭の一つとし
て要検討である。

《日本のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック