連話§ワタシの酒肴[2]トマたま

[承前]

某無農薬野菜の宅配を長いこと取り続けている。週に一度届く箱の中
に卵が6個入っている。二人で一週間に3個づつというのはちょうど
いい数だと思っている。

その卵が3個、4個と残りそうな週がある。その時に飛び出すのが、
通称“トマたま”である。湯むきして軽くつぶしたトマトととき卵を
胡麻油でざっくり炒め合わせたというお料理なのである。香ばしい胡
麻油の香りとトマトの赤、卵の黄色で食欲が刺激されるのがわかる。

同居人によると、コツは“できるだけ熟したトマトを使うこと”とい
うことなのだそうだ。それと冷めてしまうとおいしさが半減するので
早めに食べてしまうのが吉。

この料理……、酒のつまみにはいいのだがご飯のおかずにというのは
ちょっと無理がある。もちろんトマトをおかずにご飯を食べることが
できる人だったら問題はない。いずれにしても“卵を食べた”という
気持ちにしてくれるわけで、そういう意味では蛋白質ワールドへよう
こそなのだ。
                            [続く]

《B級グルメのトピックス一覧》

この記事へのコメント

2009年10月05日 13:40
これ以外とあっさりして美味しいです。胡麻油で炒めたことがないのでこんど試してみます。
HIDAMARI
2009年10月05日 15:20
・・・卵に胡麻油は合います。相性がよすぎて、禁断の何かがあるんじゃないかと思ったりしますが、うまいからしかたがありません。

この記事へのトラックバック