苦話§ヱビス・ザ・ホップ・・・ない

9月になった頃だったろうか、我が家近くのスーパーの保冷ケースか
らヱビス・ザ・ホップが消えてしまっていた。

いつも350ml缶をまとめて10本とか買っていたのだが、どうしたこ
とだろう。その店における売り上げが芳しくないから仕入れからはず
したのだろうと思うのだが、週一で回収する我が団地の空き缶ボック
スには、金色ヱビスもザ・ホップの空き缶もそこそこ見かけていた。
だから、少なからぬ他の呑み助さん達も同様に愛飲していたのは明ら
かであるのだが……。

そういえば黒ヱビスも姿を消してしまっていた。とにかく“しかたな
く”金色ヱビスを買って帰るしかないのだが、どうしたものだろう。

他の店には置かれているのだが、ザ・ホップが欲しさにというだけで
ほかのスーパーに行くのもさすがに面倒である。というわけで1か月
近く金色ヱビス状態が続いている。禁断症状が出るほどの病気ではな
いが、そろそろあの苦味が恋しくもなってきている。

・・・やっぱり来週あたりにでも探しに行ってこようっと。

《ビールのトピックス一覧》

この記事へのコメント

2009年10月06日 11:28
新製品を売る為の戦略で古いタイプを店頭から引っ込めたんでしょうね。ビール本来のあの苦みが美味しいのに(`^!!
HIDAMARI
2009年10月06日 12:52
ない・・・となると無性に呑みたくなる悲しい性(さが)であるわけなのです。

この記事へのトラックバック