週話§気まぐれ週末~十月歌舞伎昼の部~

一番目の演目、三津五郎の『毛抜』を楽しみに出かけるのだ。

その後の3本は未見の演目ばかり。特に近松の『河庄』あたりは苦手
のように思われて、観る前から腰が引けている。というわけで“腰の
引けた感想”は後ほど。

最後の『音羽嶽だんまり』では、尾上松緑の長男藤間大河の初お目見
得がある。今の歌舞伎座の間にお目見得をというのは親心であろう。

それと玉三郎が白拍子を務める『蜘蛛の拍子舞』が2番目の演目。

【去年の今日】週話§土日短信~色づきつつ戯言~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック