悼話§三遊亭円楽さん(落語家)

闘病生活が長く、2007年には落語の世界からはを引退していたので、
ここ何年か三遊亭円楽の姿に接する機会はなかったのだ。

円楽を初めて見たのは『笑点』だったと思う。立川談志が初代司会を
務めていた最初期である。その後、同番組の司会を務めていた。融通
のきかない頑固さといった中に“湯上りの男”とか“星の王子様”と
言いながら照れて自分から笑ってしまうのがいかにも彼らしかった。

テレビでしか彼の高座を見ていないが『紺屋高尾』とか『鹿政談』と
いった師匠である圓生譲りの噺はしっかりと記憶に残っている。

《テレビのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック