連話§ワタシの酒肴[7]豆腐の仲間<上>

[承前]

豆腐とその仲間――厚揚げ、油揚げ、湯葉も――が好きだとは何度も
書いていることで、今さらながらなのだが、酒肴として改めてまとめ
ておきたい。で、ご本体の豆腐から。

豆腐には本当にお世話になりっぱなしである。どういう形状であれ、
週に最低でも一度は食べている。それもほとんどの場合が酒の肴とし
てなのだ。冷奴に湯豆腐という定番から始める……といっても、何を
今さらな酒肴で、それこそ“趣向”など何もない。湯豆腐の上にのせ
るものは決まっている。鰹節、おろし生姜に長葱というもの。

冷奴は定番以外にいくつかのバリエーションがある。例えばちりめん
じゃこを胡麻油で軽く炒めたのをのせて醤油をちょいと垂らすとか、
あっさり胡麻油と塩をかけてという時もある。

もちろん鍋物とか肉豆腐、さらには麻婆豆腐に至るまで、お酒のよき
友としての活動範囲は思い切り広いのだ。このところ寒さというもの
が一段と感じられるようになったので、豆腐の登場比率がどんどんと
高くなってきている。月曜日は湯豆腐だったし、火曜日は麻婆豆腐を
作ってもらった。おまけに味噌汁の具も豆腐にナメコw
                            [続く]

【去年の今日】憬話§このたびの旅[50]病院に駆け込む件

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック