隔話§ベルリンの壁崩壊から20年

今日11月9日は、1989年にベルリンの壁が開放されて20年という日で
ある。

東欧ドミノ“最大の象徴”としての位置付けがされているわけだが、
それに至るまでにもライプツィヒの聖ニコライ教会で行なわれた“平
和の祈り”に引き続き行なわれた“月曜デモ”が、ベルリンの壁崩壊
への強い追い風になったことを忘れてはならない。

まだまだ旧東独地域の経済状況が好転していないのだということを、
先週の“クローズアップ現代”でも解説していたが、そこに忍び寄っ
ている旧東独への郷愁“オスタルジー”の存在もまた注視する必要が
あるだろう。番組に出演していた日刊紙“Die Zeit”の主幹氏の言葉
にはあまりにも楽観的要素ばかり強調されているように感じられたが
それが現在における旧西独側の代表的な現状分析であるのだろうか。

早い時期に再統一という選択をした時点で、様々な紆余曲折は予想さ
れていて、それでも統一を進めた以上は何としても踏ん張ってもらい
たいと思うが、それでもこの先20年、30年という時間が必要なのでは
とすら考えてしまうのだ。特効薬のようなものはないのである。

《ドイツのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「壁」崩壊20周年の日に

    Excerpt:  11月9日は,ベルリンの壁崩壊から20周年の日である。  あの年1989年の夏 Weblog: IIZUKA T's racked: 2009-11-10 00:07
  • 壁崩壊から20年

    Excerpt: 本日はベルリンの壁が崩れ、東西ドイツの国境が開いてから20年。ベルリンではブランデンブルグ門の前など、かつて壁があったところに大きなドミノを立ててドミノ倒しをやるなどのイベントがあったし、その模様はテ.. Weblog: クラシックおっかけ日記 racked: 2009-11-11 07:26