板話§花形歌舞伎~盟三五大切~演舞場

大歌舞伎で二度観ている『盟三五大切』を花形歌舞伎で観ると、それ
なりに発見があって堪能することになった。

大歌舞伎の時は、仁左衛門や吉右衛門、それに時蔵といったベテラン
の濃密な演技に噎せるような思いをした。特に源五兵衛を演じた仁左
衛門も吉右衛門も“五人切”の場面での凄味が凄まじくて、後になっ
てどんな筋だったのかというのを思い出すのに苦労したのである。

今回の染五郎は、さすがに“おじさん”連中の凄味などはなく、線の
細さを感じさせたのだった。ではあるが若手役者の丁寧な演技のおか
げで、この狂言のストーリーが浮かび上がることになったのはありが
たかった。……それにしても“百両”を巡っての因果の回り具合とか
忠臣蔵とか四谷怪談を絡めまくってという南北ワールドには、いつも
いつも驚かされる。なんという想像力の飛翔というか……。

菊之助の三五には、最初違和感を持った。どうしても女形という先入
観がつきまとっているからなのだが、芝居が進んでクライマックスの
頃には何とか形がついたかというところ。亀治郎の小万は、さすがの
彼をもってしても力不足は否めず。決定的に色気不足なまま終始して
しまった。“気風”のよさだけで演じきれるものではないのである。

花形歌舞伎=まだまだ芝居の出汁が滲みこんでいない段階……という
ことなのだ。

松緑と愛之助による『弥生の花浅草祭』はというと……これでもかの
毛振りの記憶のみ。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック