京話§海老芋を食するの件

シネマ歌舞伎を観終わったところで腹が減っていた。新宿まで戻らず
に銀座のいつもの居酒屋で晩飯ということになった。

銀座松屋の裏手地下にあって、ヱビス生が呑めるというポイントの高
い、しかしお手頃価格の居酒屋である。お品書きの表に京野菜の料理
が季節物として出ていて、中に“海老芋”の天麩羅があった。それで
迷わず一品として注文。

うーん……残念ながら、昔“行きつけ”の居酒屋で出てきた海老芋の
ねっとり感と甘みには欠けていた。そこで出てきた料理は“海老芋の
煮おろし”で、素揚げにした海老芋にたっぷりの大根おろし、それに
甘辛い醤油タレをかけたものだったが、これが季節物としては絶品な
酒の肴だったのだ。

なので、もう少し芋にコクがあればなあと思いながらも、銀座でもチ
ェーン系の居酒屋だからしかたないのかなと諦めたのだった。酒はヱ
ビス中生に日本酒を300ml。

その他に食べたのは、叩いた胡瓜をにんにくと塩、胡麻油で和えたも
の。締めはにんにくで炒めたご飯。

《ビールのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック