連話§ワタシの酒肴[13]葱チャーシュー

[承前]

ラーメン屋で酒を呑むのは嫌いではない。締めのラーメンまでの繋ぎ
に生ビールを何杯か重ねるのはウエルカムである。

だが、つまみには身も蓋もないことが少なくなかったりする。餃子が
あれば、多少首を傾げるものであってもラーメンまでの時間繋ぎには
なってくれる。それが、チャーシューのつまみとかしかなくて、それ
もラーメンのトッピング用のを数枚切って皿にのせただけというのは
いかにもとってつけた印象が拭えないではないか。

そんな悲しきチャーシューつまみに“一筋の光”を差し込ませたのが
“葱チャーシュー”である。刻んだ葱をのせるだけでポイントが2割
くらいアップするではないか。さらに豆板醤のような辛味要素を加え
てやれば、これはもう酒の肴として完璧な一品と呼ぶことができる。

去年今年、ミュンヘンのラーメン屋から葱チャーシューをテイクア
ウトしてアウグスティナーのビアガーデンに持ち込んだということを
覚えている人は……2人くらいはいるかも知れない。

豆板醤の効いた葱チャーシューは、これこそビールのつまみの化身で
あるぞという主張を展開し、我が舌を悩殺しまくったのであった。

という葱チャーシューは、1リットルジョッキの左、枝豆の上に
画像


                            [続く]

《ビールのトピックス一覧》

この記事へのコメント

Slow Cafe
2009年12月14日 15:18
その2人くらいの一人です。ネギというのは優れものですからこの組み合わせは絶対に外せません(^^!!
HIDAMARI
2009年12月14日 15:54
ふふふふ。

この記事へのトラックバック