ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 聖話§サンタクロースが来た〜〜〜!

<<   作成日時 : 2009/12/17 09:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

もう50年も前のことかと……指が足らなくなるわけである。2年保育
で通った保育園はプロテスタント系だった。だから、クリスマス会は
盛大に行なわれていたのだ。

毎年毎年、年少組から年長組まで出し物は決まっている。2年保育の
一年目だから5歳の時ということになるが、その時は生誕劇ではなく
3匹の羊さんのお遊戯をしたのだった。年長組のお約束は生誕劇で、
振られた役は“三賢王”の一人である。自分がメルヒオールかバルタ
ザールかカスパールかわかるはずもない。

舞台となった祭壇を、上手から出て“♪我らは東の〜”とかなんとか
歌いながらぐるぐると歩き回るだけである。

……という一通りが無事に終わると、園長先生が「それではサンタさ
んを呼びましょう」と園児に呼びかける。お約束というか、最初の呼
びかけでは登場しない。それで園長先生にうながされて、もう二度目
の呼びかけでサンタクロースが登場するのである。

そこでやっと園児達の呼びかけに応じたサンタクロースが礼拝堂の窓
からおもむろに登場したのだった。

これには5歳児が驚いた。・・・本当にサンタさんが来た!・・・と
年少組の時にマジで信じ込んでしまったのである。祭壇で園長先生と
握手をしたサンタクロースは、大きな袋の中から園児の一人一人にプ
レゼントを渡してくれたのだ。そして最後はサンタクロースを中心に
してプレゼントを抱えた園児全員との記念撮影。

……たぶん、サンタの存在を信じていたのはその時くらいまでだった
ような気がする。小学校に入る頃にはすっかりサンタの存在を信じな
くなっていたはずである。

【去年の今日】数話§アクセスレポートとPVレポート

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
聖話§サンタクロースが来た〜〜〜! ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる