ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 管話§ジャック・イベールのフルート曲

<<   作成日時 : 2009/12/18 07:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ジャック・イベールのフルート曲で最初に聴いたのは、オーレル・ニ
コレ独奏による録音で『フルート・ソロのための小品』と呼ばれてい
る曲だった。

これが何というか実にユニークな音楽なのだ。イベールという人の音
楽は自分自身にしてみれば、これ全般ユニークだと感じている。それ
で一聴して気に入ったので楽譜を買い込んで挑戦してみたが、吹けっ
こない。まあ早いパッセージで指が回らず、歯が立たなかった。さほ
ど難しくない抒情的なフレーズだけつまみ吹きをして我慢するしかな
かったのである。

次に聴いたのはギター伴奏のついた『間奏曲』で、この曲はスペイン
の匂いがするなあと思った。後年『寄港地』を聴いていたら、イベー
ルの曲だとは知らず、ファリャとかスペイン系の作曲家の手になるも
のだと思っていたのだ。

『間奏曲』も主題が変容すると執拗な三連符が連続して手が出なかっ
た。それにギター伴奏をしてくれる人間も見つからなかったし。

という風に聴いたわけだが、なぜかフルート協奏曲を聴いたことがな
かったりする。というわけで、ちょっと不思議に感じるイベールなの
である。

《フルートのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
管話§ジャック・イベールのフルート曲 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる