節話§改めて高速道路を活用する

これまで我が家から実家のあった街まで車を運転すると、3時間ほど
かかっていた。最寄インターチェンジである所沢まで、下の道を30km
ほどのろのろと2時間近く走り。高速を1時間運転して到着する。

そういえば関越自動車道から圏央道を経由して中央自動車道に接続し
ていたことを思い出して、帰り道を試してみたのだった。

結果はというと、およそ1時間50分ほどで国立府中インターにたどり
ついた。そこから自宅までは15分足らずである。要するに一時間近い
短縮ということになる。平日に利用すると利用料金はけっこう跳ね上
がってしまうが、ストレスなく行き来できるということがわかった。

ただし行楽シーズンで、中央道が渋滞で混雑して……という時には、
どれほどの効果があるものか、いささかバクチ的な要素含みなことが
悩ましかったりもするのである。

年間ン千km程度しか運転することのない我が愛車には、カーナビなど
という近代兵器は装備さえておらず、それをもって渋滞情報を得るな
どという恩恵は残念ながらないのだ。

【去年の今日】屑話§Aさんからのスパム~我が家の場合~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック