板話§壽初春大歌舞伎~昼の部~

初春のめでたい舞踊で始まった昼の部は、その後『石切梶原』『勧進
帳』『松浦の太鼓』と1時間半足らずの舞台が3本という構成。

幸四郎の梶原平三景時は気が進まなかったが、そのとおりでいつもの
“彼らしい”舞台。吉右衛門の大きさや仁左衛門の颯爽は望むべくも
なく、肚に一物ばかりが終始透けてみえてしまった。歌昇の俣野五郎
は姿といい口跡といい一番なんだな。秀調の剣菱呑助の“酒づくし”
では、焼酎の銘柄まで織り込まれていて珍しい。

さよなら歌舞伎座公演“またかの関”で3回目となる『勧進帳』は、
團十郎の弁慶、梅玉の富樫、勘三郎の義経。

我々が座っていたのは、揚幕のすぐ横という位置だから花道がほぼ正
面に伸びている。揚幕から義経主従が登場する直前、鳥屋の中からカ
チカチっという音が聞こえてきた。火打石で切り火をしているのだろ
うか。そういうことをしてもおかしくないと思わせるのが『勧進帳』
なのである。

團十郎の弁慶は、吉右衛門の弁慶と並んで好きな弁慶の筆頭である。
梅玉の富樫は初めてだが、梅玉らしい端正さが宮仕えの官吏としての
精一杯の務めという風情に見えた。勘三郎の義経も初めて。彼が常に
念頭に置いている梅幸の義経を忠実に演じているように感じた。太刀
持ちの玉太郎は着付けのせいで猫背のように見えてしまった。それと
いかにも小柄に過ぎる。

高麗蔵や友右衛門といった四天王の常連が演じたわりには、小ぢんま
りとしていたのは、常陸坊の大谷桂三の線の細さによるのではなかろ
うかという感想。

最後の『松浦の太鼓』は吉右衛門の独壇場。彼を中心にして芝居が動
くわけだから、一挙手一投足に注意が集まり、融通無碍なタイミング
で笑わせてくれる。おかげで理屈抜き気分よく昼の部の締めとなる。

ところで、松浦の途中から鳥屋のモニタースピーカーの音量が上がっ
て舞台からの台詞と微妙にずれて気持ちが悪かった。おそらく鳥屋内
から鳴らす山鹿流陣太鼓と舞台とを合わせるために、普段以上にモニ
ターの音量を上げたのだと思われる。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック