美話§中古マンションをリフォームして

というわけで、去年のリフォームについては先週までにまとめた。

一戸建てであれマンションであれ、新築が手に入ればそれに越したこ
とはないが、中古マンションであっても、リフォームを繰り返し行な
って、自分好みの住まいに作り上げることは十分に可能である。

何回か繰り返し書いていることだが、我が家は今年築27年を迎える。
バブル以前の公団の建物は堅牢だという評判で、我が建物もその一つ
のようなのだ。だから、この先も30年40年はもってほしいという願い
をこめて、大規模なリフォームを3回ほど行なったのだ。

毎日のようにポストに入れられる中古マンションのチラシの中の売り
物件の多くに“システムキッチン入換え済”とか“壁紙を張り替えた
ばかり”といった惹句が散りばめられているが、そういった物件を購
入しても不満が募るだけではなかろうか。

もちろん、余剰資金だとか個人の好みということにも左右されるのは
当然だが、住み始めてから少しずつリフォームを進めていくことで、
自分達の住まいをどうしていくのかということを考えるきっかけにな
ってくれると思うのだ。

この先、古くなっていくマンションを簡単に建替えするということは
絵空事になるだろうから、躯体が丈夫であるということを前提にして
“自分の城”をリフォームして末長く住み続けるという選択を積極的
に考えるべきだろう。

【ひだまりのお話の原点】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック