街話§J街通信[66]Sちゃんラーメン

思い立ってラーメンを食べに行ってきた。何年ぶりかというくらいの
“S”という店。白山通りの路地を入ったところにあって、食事時は
常に行列が伸びている古くからの店。

ラーメンが540円、それに小盛のチャーハンをプラスした半ちゃん
ラーメンが690円である。久々につき自信がなかったのでラーメン
だけを注文した。店に着いた時に行列はなかったのですぐ入れるかと
思ったら既に7人の先客が席についていた。

カウンター7席しかないこの店、店主の変わらぬ流れとしては、7人
を3人と4人のグループに分けて、それぞれをまとめて作るというも
の。なので7人座っていても“3人、4人”か“4人、3人”の単位
で作るから約半数はしばしの待ちぼうけを食わされる。

というわけで、最初の3人か4人か食べ終わるまでの待ち時間という
ことになったのだ。

久々のSちゃんラーメンだが“こんなに?”というくらい生姜の味が
強かった。昔からそうだっただろうかと、記憶をたぐりつつスープを
すすったが……。麺はやや茹で過ぎかという柔らかさで、硬め好きに
は物足りない。スープは油過多だったのでそこそこでやめておいた。

待ち時間よりも食べる時間のほうが短い店滞在だったが、若い時には
感じなかった表面の油がことさらくどく感じられるようになったり、
いい加減に潮時なのかなとも思ったのである。もう少し相応な年齢の
時に数を重ねておけばよかったかな。

《神保町のトピックス一覧》

この記事へのコメント

kohatchan
2010年01月22日 12:22
さぶちゃん、昔から生姜がハッキリ分かるスープでしたね。
基本的にチャーハンに付いたスープラーメンという位置付けなのでラーメンだけで食べるにはちょっと塩気が多いかもしれないです。
HIDAMARI
2010年01月22日 13:45
明らかに味覚を記憶する能力が欠如してますね。もっとも最後に食べたのがいつか、このブログ開設以前なのは間違いないのですが。ただ、それでもあんなに油が浮いていたかなあ……。

この記事へのトラックバック