衰話§老化の花道~酒は友達~

[承前]

というわけでタイトルも新たに第二部が幕を開けるが『身替座禅』の
山蔭右京よろしく、ご機嫌のほろ酔い加減で花道へ登場したところ。

……で、酒の件である。ずいぶんとおとなしい酒呑みになってきたも
のだとは、自分でも驚いているところ。そりゃあ、月に一回あるかど
うかだが“ちょっとだけ”多めに呑んでしまうことはなきにしもあら
ず。

ではあるが、自宅においては350ml缶2本か3本でおしまいだし、
外でという時も、日本酒のある居酒屋だと小生か中生を1杯か2杯と
日本酒の冷やを二合で収めてお勘定という行儀のよさなのである。

酒に弱くなったというよりも、酒と仲良くなったというほうが表現と
しては正しいように感じる今日この頃だったりするのだ。
                            [続く]

《老化のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック