欠話§トヨタは三菱の件を忘れたか?

トヨタの対応の鈍さは案の定である。

BSなどで欧米発ニュースを見ると、日本国内をはるかに超える厳し
い批判ということが認識できる。そういう報道があることを認識する
べきなのはもちろんだが、それでも先週のような小手先とも思える記
者会見程度で表面を糊塗すれば嵐が収まり、トヨタの威信が回復する
と仮にも思っているのだったら大間違いなのだ。

誰が、自分の意志とは異なる反応の利き方をするブレーキを安心して
使うものか。

欠陥を欠陥と認めずに墓穴を掘った三菱自動車が、どれほどの代償を
――金額的にもイメージ的にも――払わされ、立ち直る道のりの長か
ったことかと思う。

こういう先達から何も学んでいないとしたら、トヨタの先行きも不安
としか言えない。いまだに状況をなめているとしたら、破滅への道が
その先に待っているだろう。

最大の財産は“信用”なのである

《日本のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 本当に恐れてるのはこちらでは?

    Excerpt: 昨日の ちょっとだけど、ずっと気になってること の補足。 これまで私が感じていた「エンジンの突然の高回転?」については 「命に関わるようなことだから、本当に不具合があったらとっく.. Weblog: 私の旅はこんな旅 racked: 2010-02-11 15:20