衰話§老化の花道~冷える~

[承前]

またこのところ寒い日が続いている。というか、暖かいのと寒いのが
脈絡ない交代の日々のように思われてならない。

ところで最近は湯たんぽが持て囃されているようだ。自分たちが幼少
の頃は湯たんぽが全盛だった。瀬戸物の湯たんぽに熱湯を入れ、布で
くるんで足元に。それで気持ちよく眠ることができた。あの頃、分厚
いどてらに掛け布団で寝ていたが、重いのなんの。おまけにそれらが
温かいというわけではなかったし。

・・・子供の頃はそんな具合だったが、今は軽いや羊毛パッドや羽毛
布団のおかげでずいぶんと暖かく睡眠ができる。布団が軽いせいか、
寝相の悪さが表に出ているような気がしないでもない。……そうか、
寝相がいいと思っていたのは布団が重かったからなったのかw

それで、軽くて暖かい布団にもかかわらず、布団に入ってしばらくは
なかなか足先が温まらなくなってきている。血液の循環が悪くなって
いるのは老化の証拠であろう。ただし!一度温かくなりさえすれば、
これはもう鬼に金棒状態に入っていくのである。Zzz・・・
                            [続く]

【去年の今日】過話§・・・の時は何歳? の里程標

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック