連話§ワタシの酒肴[26]天麩羅

[承前]

先週の土曜日、新宿まで買い物に出たついでに久々の天麩羅を食べて
きた。行くのはいつもの老舗天麩羅屋で一番安い定食である。

内容は海老2尾、菜の花、ウマヅラ、穴子と供されて、最後に小さい
かき揚というもの。これで1995円というのは、まあ手頃だろう。それ
に量的にも十分満足できるのだ。

それで、穴子が出てくるまでの間をお酒タイムにした。まずは生ビー
ルで喉を潤しつつ、海老を塩でいただく。生ビールなど5分足らずで
空いてしまうので冷酒を二合。サラリとした呑み口の酒で揚げ物が進
む。

白身魚でウマヅラというのは初めてだが、クセがあるわけでもなく、
これまた酒の肴としていただく。穴子を食べたところで日本酒もおし
まい。小海老のかき揚は天丼仕立てにしてもらった。

と、ここまで書いたところで文句。この日が雨模様というコンディシ
ョンか揚げ手の腕か、天麩羅の衣の揚げ上がりにいつものサクサク感
がなかったのは残念。値段が値段だからとはいえども、そのあたりは
最低限いつもクリアしてしていたので何ともだなあでお勘定。

店を出れば新宿東口は雨。
                            [続く]

《B級グルメのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック