懐話§昭和三十年代~ご近所の店など~

[承前]

我が生誕の田舎町に“スーパーマーケット”ができたのは、昭和四十
年代になってのことだった。大通りの1ブロックが再開発で新しいビ
ルが通り沿いに建てられたのだ。そこにスーパーが開店したのだ。

それまで、街の住人はそれぞれの店に買い物に行っていた。それは、
八百屋、米屋、魚屋、肉屋、酒屋、乾物屋、その他、あれやこれや。
そのうち、八百屋には“通帳”と呼ばれている帳面に、その日買った
野菜を記入してもらって月末とかに精算していたという記憶。

味噌、醤油、酢といった調味料は、店に瓶などの容器を持って行って
量り売してもらっていた。酢や醤油は、樽から枡で受けて必要な分を
入れてもらってたし、

当然ながらビニール袋など存在せず、買い物に行く時は買い物籠とか
ぶら下げてであった。

上記のようにあちこちの店をはしごしても面倒でなかったというのは
その当時の食生活が今のようではなく、豊かになりつつあった戦後と
はいっても、まだまだつつましい食材で質素な食生活だったと思うの
である。

要するに、ある意味で我々の食生活が現在のようになったのは、スー
パーが出現して以降のことというわけなのだ。
                            [続く]

《昭和のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック