ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 鍍話§選挙公報〜無意味な経歴〜

<<   作成日時 : 2010/04/08 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今週末は我が市で選挙がある。それについて選挙公報が届いた。

……いい加減にしろと思うのは、経歴に団地の理事長、PTA会長を
歴任とか記載していること。いくら箔をつけようと考えても、団地の
理事長など住人であってお鉢が回ってくれば務めることなど珍しくも
何ともない。現に我がマンションでも歴代理事長が28人いるわけで。

さらに、同居人が「何よこれ!」と声を上げた。見ると、自分の息子
が“某大学医学部を卒業して、某医療センターで医療に従事”とある
のだ。その横の家族というところには“妻と娘”とだけ、何の経歴も
書かれず、付け足したように記載されている。この“妻と娘”は夫に
対して怒らなくてはならない。

・・・そーですか、妻と娘の経歴は書くほどのこともないってことな
のですか、そーですか。要するに“公開したくない”と言っているよ
うなもので、自分にとって都合のいい情報は出して、不都合な情報は
出そうとしない……その程度の認識で情報公開が何ちゃらかんちゃら
とか語る資格があると思っているのだろうか。

こんな間抜けな紹介文しか書けないような候補者になど投票する気な
どあるわけがない。本人は大まじめで書いているのかもしれないが、
正直、滑稽であるとしか思えないのである。

というわけで、ざっと見回してみたのだか、誰に投票したものか決め
かねているという今日この頃。

【去年の今日】揺話§イタリア中部の地震

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まったく同感です。こと選挙にかんしては、この国ほど「発展途上」ないし数十年前から時間が止まってしまったような国もないのでは…と思います。公選法からしてそうですし…(いまだに「ちょうちん」の数の規定なんかを定めている)。そういえば、昨年の市議選で、やはり「××自治会長」なんていう意味のない経歴を掲げていた候補者がおりましたが、これにはウラがあって、だれもなり手がいない町内会長を自分が引き受ける代わりに応援しろという、一種の「取引」になっていた、なんてことがありました。

…この国にほんとうの民主主義が根付くのはいったいいつになることやら…。
Curragh
2010/04/12 02:19
はい、6回も!裁判に負け続けた挙句「非常識な裁判所だ」などと非常識なことをコメントする市長が存在している国ですからw

というわけで、何だかな経歴などを麗々しく公報に記載した候補者は“めでたく”落選されました。
HIDAMARI
2010/04/12 17:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
鍍話§選挙公報〜無意味な経歴〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる