灰話§歌舞伎座閉場式入場券争奪戦始末

4月30日に催される“歌舞伎座さよなら公演『歌舞伎座閉場式』”の
チケットが一昨日、昨日と売り出された。一昨日は30分ほど、昨日は
数分足らずで完売となった。

昼夜2回の内容は、幹部役者の踊りに手締といった程度ものだから、
他愛がないといえばそんなものである。そうはいっても本公演の後、
まさに最後の最後の御名残だから、チケットの争奪戦も壮絶を極めた
のである。

一昨日の歌舞伎会先行は、まったく繋がらずで惨敗。昨日の一般発売
は、決意も新たに(w)満を持して望んだのだ。

結果、ほとんど10時ジャストに購入ページに突入し、目指す夜の部の
チケットを確保することができた。券種とか座席だとか選べるはずも
なく、3階席のてっぺんだったりはしたものの、もちろん獲れたのだ
から上々吉であった。

購入ページに入れた時は、突然にアドレナリンが噴き出してマウスを
持つ手が震えたりもした。何でそんなにもプレッシャーがかかったの
かはわからないが、たった一日のそれも2公演では失敗したらアウト
なわけだから、そういうプレッシャーでもあったということ。それは
そうだが、アドレナリンが噴出した瞬間に節々まで痛くなるって orz

・・・これで春の“強運”を使い切ったような気がする。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

Akiko
2010年05月02日 02:50
はじめましてトラバありがとうございます。数秒でなくなったとは,驚きですね!
お互い観劇することができて幸せでしたね!本当に艶やかな楽しい一日でした!
HIDAMARI
2010年05月02日 08:07
コメントをありがとうございます。

ここまで来てしまったら、視線は“2年11か月後”の歌舞伎座へと向かっています。

この記事へのトラックバック