ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 挽話§歌舞伎座掌本最終号〜甘栗屋も〜

<<   作成日時 : 2010/04/16 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

一月から続く御名残歌舞伎の筋書は“一応記念”だからと毎月買い求
めたが、一昨年去年あたりからは買う時もあれば、買わずに済ませる
ことも多くなった。

だが、東側売店あたりのチラシ置き場にある『歌舞伎座掌本』は筋書
を買わない月でも必ずピックアップしている。当月の狂言に関しての
解説だとか、歌舞伎の様々な要素を集めた豆知識集などなど、軽く読
めるので重宝していた。

巻末近くには読者投稿による前月公演の感想コーナーがあるのだが、
観劇歴60年とか70年といった猛者達が勢揃いしての投稿には、10年足
らずのペーペーには想像もつかない歴史を持っているのだろうと想像
していたのである……それこそ“六代目”とか“初代”以来とか。

という小冊子が、歌舞伎座の閉場とともに最終号になってしまった。
無料配布しているから、広告料でまかなわれていたわけだが、いつも
おなじみの銀座老舗の広告を目にしていたのだ。好きだったのは……

銀座でギンブラ 天國でテンプラ

……という広告である。

歌舞伎座前で長いこと営業を続けていた甘栗屋さんも、この機会に店
を閉じるとのことで、たかが10年足らずの“木挽町通い”ではあった
が、こうして取り壊しが目前に迫ってくると、今の歌舞伎座とともに
去っていくあれやこれやかあるのだなと感傷的にもなってしまう。

《歌舞伎のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
挽話§歌舞伎座掌本最終号〜甘栗屋も〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる