懐話§昭和三十年代~テレビ~

[承前]

何度か書いているが、田舎の生家にテレビが入ったのは1962年のこと
である。本放送が始まって10年が経っていた。その頃だったら当たり
前なことに、テレビを持っている家に持ってない人達が見せてもらい
に行っていた。

見せてもらいに行くのだからチャンネル権などあるはずもなく、持ち
主が見たい番組を拝見するというものだった。小学校というところは
残酷なもので、休み時間などで前日の番組の話の輪ができて話がはず
んでいても、そこに加わることができずに忸怩たる思いを抱えていた
のだ。

あまり親に物をせがむということの少ない子供ではあったが、さすが
に“テレビが欲しい”と、ことあるごとに意思表示をしていた記憶が
ある。

そして、ようやく我が家にテレビがやってきた明くる1963年の11月、
初の衛星中継の放送で飛び込んできたのは、ジョン・F・ケネディが
テキサス州ダラスで凶弾に倒れたという一報だった。
                            [続く]

《昭和のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック