連話§ワタシの酒肴[31]いもコーン

[承前]

ワタシの酒肴の第1回は“じゃがベーコン”だった。今回取り上げる
のは“いもコーン”である。じゃがいもとトウモロコシではなく、い
とコーンビーフの略。いもビーフとは略せない。

これは実家で惣菜として作られてくれていたもので、拍子木切りのじ
ゃがいもとコーンビーフを塩胡椒で炒めた簡単なもの。あるいは貧乏
だった我が家だからコーンビーフではなく“ニューコーンビーフ”を
使っていたかもしれない。・・・知らない人がいるかもしれないので
説明しておくと、ニューコーンビーフには、牛肉以外の豚肉などなど
が混入している。だから値段も安い。

それと、じゃがいもだけをカレー粉で炒めたのもよく食卓にあった。
偏食だったのと、それこそ大人が食べるような惣菜――特に煮物――
に手を出すことがなかったので、代わりのようなものである。

ありがたいことに、じゃがいもは嫌いになることもなくせっせと食べ
ている。かくして成人後に、いもコーンあるいはじゃがベーコンは、
ありがたくも強力なビールの肴であり続けているというわけなのだ。
                            [続く]

《ビールのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック