半話§折衷主義で何が悪い?

選択肢が“あれ”か“これ”の2通りしかないとして、そのどちらも
選びがたい……しかたがないから、それぞれの中間あたりの発想でと
いわゆる折衷案が俎上に上ることなど珍しくはない。

ところがこの“折衷案”というものの評判が悪い。曰く「いいとこ取
りのどっちつかず」ということのようなのだ。確かに、いいパーツを
寄せ集めたからといって、優れた何かが生まれるわけではない。それ
は時にグロテスクに見えることがあるかもしれない。

それでも折衷したいという誘惑は存在するのではないだろうか。確か
に西洋建築における折衷様式なるものは、どっちつかずになっていて
本来あった雰囲気が台無しにされていると思わせるものがあって、中
途半端感は否めないように見えてしまう。

そう書いている自分自身が極端なことを好む性質ではなく、特に思想
的な面で中庸を保ちたいという傾向が顕著に見えるのだ。そんなわけ
だから相反するものの、それぞれ尖がっている部分をならして塩梅を
つけるということが習い性になっていたりするのだ。

【去年の今日】狡話§姑息~グーグルのやりくち~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック