画話§iPad発売~電子出版元年~

いよいよiPadが発売される。キンドルも動き出しているから、携帯で
は既に活発になっているが、今年こそまさに電子出版元年と言っても
いいだろう。

紙媒体としてのの書籍の位置付けやいかにというところだが、遠い将
来までは予測不能にしても、しばらくの間は共存あるいは併存の状況
が続くと思われる。

それこそ在宅している時は紙の本を読んでも、外出時とか旅行する時
には電子書籍が活用されることだろう。特に観光であれ出張であれ、
旅行で威力を発揮するのは間違いないだろう。

地図、ガイドブック、辞書、会話帳、時間つぶしの小説類、何よりも
荷物にならない。上のような本を紙ですべて持ち歩くだけでも、けっ
こう嵩張るわけで、色々な意味で省略化が実現することになるのだ。

いつの世でも、古い媒体から新しい媒体へと移行する時には“郷愁的
抵抗”のようなものが存在する。LPからCDの時がそうだったよう
に、古いものの優位性を主張して新しいものを否定する動きがある。

そういう動きがあるのは当然のことで、それが長年培われてきた媒体
であればあるほど抵抗する力が大きいのだ。

電子書籍の成長が紙書籍の市場を縮小させていくことだろうが、完全
に紙書籍が消滅するような事態には――少なくとも我々の眼の黒いう
――ならないだろう。

電子書籍になることで書物に“書き込み”することが不可能になり、
そして将来、古書店という存在はどうなっていくのだろうか。

《読書のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック