連話§ワタシの酒肴[35]だし巻き卵

[承前]

だし巻き卵は間違いなく酒の肴である。間違ってもご飯のおかずには
ならない。……ならないことはないが、どこか物足りない気がする。

酒を呑まない同居人がご飯のおかずとして好きなのも、だし巻きより
は砂糖を入れた普通の卵焼きである。

要するにだし巻きは“大人の味”ということなのだなと思う。本体は
あっさりと薄いだし味で、それを一口二口ならそのまま食べても繊細
さを味わえるが、酒を進ませるためには横に盛られた大根おろしの力
を借りるしかない。

大根おろしも気の抜けたようなのはいけない。辛すぎてもいけないが
それなりの主張をもってだし巻き卵をフォローしてもらいたいと切に
思うのである。

そこに、さらりと切れのいい日本酒をつぃーっと流し込んでやるのが
気分だろう。大根おろしに柑橘類を合わせる向きもあろうが、ここは
生醤油一本で単純化したほうがよろしい。

それで、居酒屋(そこそこのね)で出すのは四切れくらいでいい。それ
くらいの量でないと、温かいままに食べきることができないのだ。
                            [続く]

《日本酒のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック