連話§ワタシの酒肴[36]さつま揚げ

[承前]

さあ、いよいよ我が酒肴のレパートリーが残り少なくなってきた……
ような気がする。

それで“さつま揚げ”である……うーん苦しい。ごくたまに居酒屋で
注文するくらいで、家では肴として食卓にのぼるのは本当にたまのこ
とでしかない。

何というか、積極的に食べてやろうという気が起きてはくれないな、
という類である。ではあるが、時折ふと食べてやろうという気になっ
て居酒屋で注文してみたのは、ついこの間のこと。

軽く炙られて出てきたさつま揚げの表面には、蓮根の薄切りが一緒に
揚げられていた。蓮根のシャキシャキが残っていはしたが、ほしいの
はプレーンなさつま揚げだったりする。余分なおまけなど要らない。

忘れてならないのはおろし生姜である。これがないと、さつま揚げを
食べる気がしない、というくらい欠かせないスパイスなのだ。つーか
さつま揚げそのものが淡泊な魚の風味だから、それくらいのフォロー
はしてやらねば……である。

他に食べ方というとおでんに入れてやるくらいか。そうするとだしも
出てくれるわけだが。
                            [続く]

【去年の今日】決話§じゃんけんぽん・・・掛け声様々

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック