触話§バスカードが消えていく

都内の路線に共通して使えるバスカードが7月一杯で使えなくなる。
バスカード自体の発売も既に3月末で終了した。

個人的には実に重宝して使わせてもらった。何より5000円で5850円分
のカードが帰るのだからお得感満点だったのだ。1枚あれば2か月く
らいは使っているかもしれない。

もうじきスイカやパスモを利用することになるわけだが、月に5000円
以上の利用でないとバスカードと同様の割引の恩恵はなく、そこそこ
の割引に留まってしまうというのがちょっと納得いかないでいる。

消費者としては“以前と変わらぬサービス”を望むもので、そういう
意味では物足らない割引サービスだと考えている。

それと、パスモやスイカ主体になったところで頻繁に起きる可能性の
あるトラブルといえば、タッチしたところで料金不足になった場合で
ある。車内でもチャージはできるようになってはいるが、それが数人
単位になると、乗降車に要らぬ時間がかかるようになるかもしれぬ。

おそらく朝の通勤時などにはイライラの素になるだろう。まあ現状の
システムでもモタついている人がいないわけではないのだが……。

《東京のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック