連話§ワタシの酒肴[41]ラディッシュ

[承前]

日本の貝割菜みたいなピリ辛感を楽しめるのがドイツのラディッシュ
(赤カブ)である。

ミュンヘンあたりのビアガーデンでつまみに食べたい食べたいと思い
続けていた。ところが見つけ方がまずいようで、メニューを眺めても
なかなか見つからないでいたのだ。もっともちゃんとしたビアホール
にはメニューになかったりするのだが。

それで、今回の旅行の締めのミュンヘンにたどり着いて、久しぶりに
お会いできたミュンヘン在住の知人と呑みに出かけたビアガーデンの
セルフサービスエリアでスライスされているのを見つけた。お値段は
一皿4ユーロ足らず。

専用のスライサーがあって、らせん状に薄くスライスされたのが皿に
のっているだけだが、塩をかけてつまむとみずみずしく爽やかな辛味
が、ドイツのビールとの幸福な伴侶になってビールが進む進む……。

それにしても不思議ならせん状の仕上がりで、何とも複雑に絡みあっ
て、でもまあ食べる時は無造作にちぎってしまうから、不思議な絡み
に気を留めるということもなくなっていってしまうのだった。
                            [続く]

《酒肴のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック