ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 〒話§歌劇場前の旧郵便局建物が

<<   作成日時 : 2010/07/05 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

変わらないようだと思っていても、ミュンヘンの街も変わってきてい
るのは事実である。

今回、ミュンヘンの街を歩いていて一番驚いたのは、国立歌劇場とは
マキシミリアン通りを挟んだところに建っていた旧郵便局の建物が壊
されていたことである。

この郵便局、町の中心部の目立つところにあるので旅行中にけっこう
利用していたのだ。ホテルで荷詰めした日本への別送品小包をえっち
らおっちら運び込んだり、必要かも知れないとドイツのテレフォンカ
ードを買ったりなどなど、そういう意味では思い出深い場所だったり
するのだ。

空き地になったマキシミリアン通り側には、以前あった建物が描かれ
た覆いが掛けられていて、そこに何があったかを思い出させてくれる
のだ。こういうのを見ていて、建設中の歌舞伎座にも壊される以前の
建物を描いた覆いを掛けてくれればと思うのだ。

何も描かれていない覆いなどは味気ないばかりで、それくらいの洒落
っ気を出してくれればいいのにと思うが、こういうところは日本でも
真似してほしいことなのだが……。

さて、おやっと思ったのは中心部からガスタイクに向かう橋の右側、
ドイツ博物館を背に建っていた映画館が閉まっていたことである。以
前は博物館の一部だと勘違いしていたこともあったが、いわゆる複合
映画館だったのだが、街中に新しいのができていたりしたからだろう
か。

【去年の今日】酢話§気まぐれ週末〜いつもの寿司の会〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
〒話§歌劇場前の旧郵便局建物が ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる