呟話§ツイッターなう

ツイッターを始めたのは2007年の今頃。だからけっこう古株ではない
かなと。普通ならブームがピークを過ぎるような頃に手を出すという
呑気さだが、ツイッターに手を出したのは比較的早かった。

リンクを貼っているブログの人がやっていたのを見よう見まねで始め
てみたわけで、だから最初はブログ絡みの人達とフォローしあったり
していたのだ。

タイムライン上で知り合いがつぶやいていたりすればレスを返したり
していたが、せいぜい緩慢なチャットという程度の認識しか持ち合わ
せていなかった。

ツイッターが“流行”り始めたと感じたのは2008年から2009年にかけ
てあたりではなかっただろうか。きっかけは様々あって、その最たる
ものとしては“有名人の呟き”ということだろう。

いつものことながらのんきなもので、個人対個人のツールという認識
でいたものだから、有名人フォロー現象も蚊帳の外だったのだ。その
後何人かの“有名人”をフォローしてはいるが、ミーハー的対象とい
うよりは、つぶやいている内容が充実していて読み応えがあったりし
ているのだ。

現在フォローしている人とフォローされている人の数はほぼ150人
というところ。初期は30人ほどだったが徐々に増えてきてしまった。
100人を超えるとタイムラインが目まぐるしくなって追いかけきれ
ないことも増えてきた。増えすぎには注意が必要である。

いたずらにフォロー数を増やしてという人もいるようだが、商売とか
でない限りはほとんど無意味だったりする。何事も限度なのだ。

《つぶやきのトピックス一覧》

この記事へのコメント

Slow Cafe
2010年07月15日 15:53
気がつけば、古株(創業以来)になりました。コチラもTLにはまったくついていけない現状ですから程々がよろしいようで…。最近は30~40代位の女性が多くつぶやいているようです。
HIDAMARI
2010年07月16日 16:48
さっき読んだツイートで、女性の写真のアイコンばかりをフォローしているという人がいて、なるほどそういう“遊び方”もあるのかと変な感心をしたばかりです。

この記事へのトラックバック