悼話§つかこうへいさん(作家)

つかこうへいの芝居を観るチャンスのないまま、彼の死を知ることに
なってしまった。で、関係があるようなないようなの話である。

一度だけ階段から落ちたことがある。もう30年以上前のことになる。
階段を下りながら、ひょんなことで足を踏み外して10段近く落ちてい
ったのだった。幸いなことに手の平だったかの打ち身程度で済んだ。

それで、ああこういうことかと思ったのは、踏み外してから落ちてい
く時間がスローモーションのように思えたということである。

こういった不意の出来事の時にはよくある“スローモーション”光景
なのだろうが、そういうことを体験したのはこの時が初めてだった。
後に、テレビで『蒲田行進曲』の階段落ちを見たが、あれに比べれば
我が階段落ちなど、かわいいものではあった。

《追悼のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック