熱話§本日 土用丑の日~平賀源内も~

平賀源内も罪な御人よのぅ……というお話。200年ほども前の……

本日 土用丑の日

……という彼が考案したとかいうコピーのおかげで、21世紀の日本に
暮らす我々までが、すっかり踊らされてしまっているのだ。素直にこ
こは“あっぱれ!”と言うしかないだろうな。

という土用丑の日が昨日のことだった。もちろん鰻屋はフル回転~。

真夏に鰻屋が商売あがったりだったのは、暑さで脂分の少ない鰻など
が旬などでないということを庶民とてもわかっていたのだが、源内に
うまいこと乗せられて今に続いているということのようだ。

だから、脂が乗っているかということとは別に、あの炭火で焼かれて
タレのおかげで照りのついたウナギは見るからに、夏に疲れた肉体に
エネルギーを注入してくれそうに思われるのも無理はない。

というわけでくやしいが源内の知恵に完敗である。それでも単に混雑
を避けたいという理由で、この時季にウナギを食べることはなく、も
う少し季節が秋に寄っていった頃にようやく腰を上げて、のこのこと
出かけることにしているのだ。

【去年の今日】顧話§追想・若杉弘[Ⅰ]出会い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック