真話§メロンですとか瓜ですとか

週に一度の宅配野菜の中にメロンが入っていた。昔々は、表面が網の
目状になったのをメロンと読んで高嶺の花だったが、最近は交配が進
んだりして普及レベルのメロンもあるようだ。

同居人はメロンとか西瓜の類が得意ではなく、かといってメロン一個
を独占して喜ぶこちとらでもなく、さてどうしたものかと持て余しそ
うになったのである。

それでおずおずと、バナナミルクの要領でメロンミルクを作ってみよ
うということになり、冷蔵庫から取り出したメロンを包丁で半割りに
し、スプーンで種を取り去ってから少しずつ実をくり抜いて容器にた
めていった。

およそ半分から取れた実で2人分がまかなえそうなので、牛乳を入れ
てバーミックスで粉砕、メロンミルクの出来上がりである。お味はと
いうと、なかなかに爽やかであるが後味に少し苦いものが残るのだっ
た。

それで2日目、前日の反省を踏まえて小さじに1杯ちょっとの蜂蜜を
加えてみたのだが、それで甘みが増えつつ苦味もいくぶんか緩和され
たという気がした。

生のままだと見た目の量で怖気づいたりするが、粉砕して液体にして
しまえばあっさりと飲めてしまうのはありがたい。いとも楽々と果物
がマメに摂取できるのである。

【去年の今日】辞話§引き際を見極める

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック