梯話§そういえば・・・もう一軒で1杯

もう2、3年というもの、連れ立って酒を呑んだ、その後にもう一軒
寄ってさらに呑むということが、ついぞなくなってしまったようだ。

一軒の店で酒を呑みながらの滞在時間は、1時間から1時間半。2時
間以上というのは他人と会食する時くらいだが、さすがに気を遣うと
いうことなのかどうか、3時間となるとちょっと気疲れするようにな
ってきてしまった。加齢は嘘をつけない……。

20年とか前だったら一軒から二軒、それも日付が変わっても平然とし
ていたのが何という変容ぶりであろうかと。当たり前だが20年前と同
じことを今したら、翌日は間違いなく廃人確定であろう。

もっとも、考えてみたら酒を呑むのにあちこち移動するとかいうのは
好きでないということなのだ。一軒でぱっと潔く一本勝負というのが
自分の流儀なのかもしれない。

今さらながら呑む酒もビール、日本酒にせいぜいワインという選択肢
で満足しているわけだから、帰り際に軽くウィスキーをロックでとか
のためにバーに寄り道をする必要もなかったりする。まあ、要するに
横着者というか、安上がりで済んでいるというか……。

最後に付け足しておくと、一人で呑むというのは相手がいないという
分、自分の思い通りのペースで呑めるわけだから変な酔い方をせずに
済むというメリットもある。もちろん会話がはずんでという時の酒も
心地よく酔わせてくれたりもするのである。

《居酒屋のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック