順話§取扱説明書の取扱い

厚くなる一方だった家電製品などの取扱説明書(取説)を薄くしていこ
うという動きがあることを知った。何というかようやくというか。

おかしいなと思ったのは、このところ2種類の取説が添付されている
ということである。詳細で分厚いのと早分かり的なものと。例えば携
帯電話のようなもので、それが何台目だったりとかしたら、早分かり
すら必要なく、買ってすぐその場で使い始めることも可能だろう。

去年買ったブルーレイレコーダーも、基本的なことは前に使っていた
DVDレコーダーを似たようなものだが、さらにテレビ画面上であれ
やこれやのやり方がガイドされるので、いちいち取説を開いて眺める
ということもほとんどない。

どうやら多少のことだったらマニュアルなど読まずにたいていのもの
は、何とか動かすことができそうではないか。

4月に買ったiPod touchなど取説そのものが添付されていなかった。
それでも困らずに何とかかんとか動かしているわけである。それじゃ
あ取説は何だったのだと思わないでもない。

実際の話、コンピューターとその周辺機器などは、インターネットで
電子マニュアルを読み込むことも多くなっている。さすがに家電の白
物製品まで電子マニュアルというわけにはいかないだろうが、いずれ
は地デジのテレビの機能として、取説の入ったメモリーカードを読み
込むようなシステムが出てきてもおかしくないはずである。

【去年の今日】壁話§東欧ドミノから20年<Ⅰ>はじめに

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック