沙話§ウエストサイドストーリーの音楽

久々に『ウエストサイドストーリー』の映画サントラ盤などを聴いて
みた。様々な意見はあろうが、バーンスタインの最高傑作であるとは
同居人と一致したことである。

後年、バーンスタインが指揮して、キリ・テ・カナワ、ホセ・カレラ
スといったオペラ歌手を起用して録音されたが、サントラ盤に軍配を
上げたいのだ。別に一流のオペラ歌手でなくとも関係ないということ
がわかる。何人かは吹き替えで歌われているにしても……。

ところで、特に深い根拠とかがあるわけではなくて、単なる印象でし
かないのだが、ウエストサイドストーリーの音楽の中にプロコフィエ
フの『ロミオとジュリエット』の音楽が微妙にスパイス化されて引っ
張り込まれているのでは、という気がするのだ。

事実であるかどうかはともかく、何となくそんな感じに聴こえるとい
うのはこちらのほうも無意識に影響を受けているということだろうか
と思わないでもない。

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック