蕉話§バナナさまざま~よりどりみどり

ほぼ毎日――それこそ年間350日くらい――朝の1杯としてバナナ
ミルクを飲むようになって何年経つだろう。

健康雑誌とかで“何とかを摂り続けると……”のような記事や特集を
見かけるが、年数からすると十分に“何か効果が”と思っているのだ
が、健康面で格段に向上したものがあるのかというと……ないなあ。
まあ、現状維持に役立っているのだというなら、そのことに感謝せね
ばなるまい。

バナナを買うのは週に2回。マーケットで売られているのは4本組が
多く、たまに3本というのに当たる。麗々しく一本一本袋に入ってい
たりするのもあるが、それは一本あたりの単価がちょっと高いのだ。

毎日毎日、1本のバナナと牛乳を合わせて400㏄。これを二人で分
けて飲むので、4日目のバナナはかなり“ひねて”きてしまう。夏場
などは特に。

なので3本組を探すのだが意外と見つからない。なので青みの多そう
なのを選ぶのだが、初日はバナナの味がしないくらいの物足りなさだ
ったりする。それが4日目になると外皮の黄色に黒い斑点が出てきて
同時に甘みも増してくるのである。

そういえば、バナナがまだまだ高嶺の花だった昭和三十年代、田舎町
にバナナ問屋なるものがあった。そこには熟成用の“室”が設備され
ていて、入荷してきた青いバナナを八百屋などに卸せる色になるまで
保管していたのだった。

《健康のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック