懐話§昭和三十年代~ドライブイン~

[承前]

日本列島に高速道路が張り巡らされるようになって、一番最初に衰退
していった業態の一つに“ドライブイン”なるものが挙げられるだろ
う。

自家用車だろうがバスだろうがトラックだろうが、みんな一般道を行
き来していたその昔、国道沿いにドライブインが林立していた。観光
地に近ければ名産品や土産物も扱い、休憩処であり食事処でもあった
のだ。今の道の駅と似たようなものだといえばそうではあるが……。

それがすっかりというくらいに姿を消してしまったような気がする。
昔々の町内子供会の日帰りバス旅行、あるいはバスでの修学旅行など
では必ずお世話になったのだ。いわゆるトイレ休憩である。

それで小腹でも空いていれば、おでんのような縁日の屋台料理から、
しっかりした食事もできたわけで、当時はこんなものだと思いながら
バスから降りて小休憩をしていたのだった。

高速道路網が発達した結果、観光地周辺以外にドライブインはなくな
ってしまったと思われるが、それに取って代わったのがいわゆるファ
ミレスだとするのは短絡的だろうか。

そういえば、最後に昔ながらのドライブインなるものに入ったのは、
いつのことだっただろうかと記憶をたどっているのだが……。
                            [続く]

《昭和のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック