週話§土曜悠々~新・歌舞伎座起工式~

雨模様だった一昨日の木曜日、解体工事がすっかり済んだ歌舞伎座の
跡地で起工式が執り行われたようである。

閉場から解体が完了するまでに約半年を要し、ようやく新・歌舞伎座
建築の槌音が響き始めるということだ。完成までには2年、再来年の
今頃には全貌が姿を現すだろう。

当然のことだが、完成しても舞台機構全般のチェックやら調整やらの
期間が必要なわけだから、しかるべくな時間だって必要とされる。こ
れまでの歌舞伎座とは、特に照明などは様変わりするのだろうから、
けっこう大変なことだろうと想像。

劇場はしかるべく“手垢”にまみれることで、様々な要素が沁み込ん
でいくと思っているから、新・歌舞伎座も手垢にまみれるまでに、ど
れほどの年月が必要なのだろうか。

……にしても、まだまだ2年以上先のお話である。

【去年の今日】連話§ワタシの酒肴[6]デパ地下直送~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック