獣話§ペットが使い捨てで殺される

これが事実であるならば、まさに世も末というお話を。

マンション住まいだし、元々そうではなかったので犬や猫というペッ
トの類を飼ったことは一度もない。

そういう事情に疎かったから、ネットで“ペットの使い捨て”に関す
る話を読んだ時は、よもやそこまでと思ったのである。

どうやらペットとして飼われる犬や猫にには、今年流行のペット種が
あるらしいのだ。それで、ペットを大事に飼うというのではなくて、
単に“かわいい”人形代わりという意識の人間も少なくはなく、そう
いう輩が、最新流行のペットに手を出して、去年のペットを処分に出
してしまうという事例が頻発しているのだ。

だから、保健所であるとかの施設には前年に流行した種類の犬が何匹
もやってくるということなのである。

何とも都合よく歪んだペット愛好だろうと思う。というか“愛好”と
いう言葉を使わないでもらいたいとすら思いたい。

こういうことが平然とまかり通ってしまう……自分達がやっているこ
とが、何と愚かに満ち満ちているかということなど、何も感じること
なく次々にペットを買い換えているのかと思うと、寒々しいという感
覚をはるかに超えた愚かなる蛮行に怒りを覚えるのである。

【去年の今日】連話§ワタシの酒肴[8]豆腐の仲間<下>

この記事へのコメント

Slow Cafe
2010年11月10日 14:25
我が家にも家族同様又はそれ以上の待遇のワンちゃんが居ります。ほとんどの飼い主は使い捨て感覚のご仁が多いのですよ、残念ですけどね…。
捨てるんなら飼うなよ!と言いたいです。
HIDAMARI
2010年11月17日 16:41
ペット産業という言葉があるように、いかにも安易なペット飼育が横行しているようで、そんな人間の身勝手さは見ていて気分のいいものではありません。

この記事へのトラックバック